古銭買取における憧れの古銭「博多御公用丁銀」

押し入れの奥にしまい込んである古銭や古紙幣があるのであれば、一度は古銭買取店に持ち込んでプロによる査定を受けてみると良いでしょう。古銭は評価の幅が広く、希少価値のあるものは非常に高額で取引されていることも多いです。そうした古銭の多くは、素人目には価値判断するのが難しいものがほとんどで、自分では大したことがないと放置していたような古銭が、実は目が飛び出るほどの評価額だったりすることも珍しい話ではありません。例えば「博多御公用丁銀」と呼ばれる古銭は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に、褒賞として使われていたもので、その歴史価値は非常に高く三四百万円で取引されています。もし、そこに入れ物や証書等の付属品があれば、さらに高額で取引される場合もあるようです。特に丁銀は、取引のときにカットしながら使われるため、完全に無傷のものであれば、さらに希少価値が高くなり高額で取引されます。古銭は自分で勝手に判断せず、古銭買取に持ち込んで査定を受けるようにしましょう。